住むまでの流れ

不動産の中でも、賃貸物件として取り扱われているものが多数あり、その中から自分の条件に合ったところを探して、多くの人が引っ越しをしています。
まず引っ越しするときには、自分が求める条件を明確にすることが大切です。
間取り・予算・立地は、その条件の中でも最も大事な部分で、希望を満たす物件を探していきましょう。
かかる費用も、最初に支払うものだけでなく、後に家賃として支払う部分も計算しながら探しましょう。
自分の条件が明確なったら、部屋探しに入っていきます。
複数の不動産会社に行って、あるいはホームページで、数多くの不動産情報から希望に合ったところを検索します。

数ある不動産情報の中から気になったところを見つけたら、予約をして下見を行っていきます。
下見をすることで、部屋の雰囲気だけでなく、周りの環境に関しても見ることが出来るので、必ず足を運びましょう。
シーズンによって、不動産会社が混みあうことがあるので、予約は必須です。
下見をして物件が決まれば、不動産会社との契約になります。
その際入居審査が行われ、それが問題なくクリア出来れば、最終契約となります。
契約書には様々なことが明記されているので、必ず読んで、不明点があれば確認を行いましょう。
不動産会社によっては、契約書を一緒に全て読み上げるところもあります。
不動産契約が完了し、入金も済んだら、いま住んでいるところからの引っ越しとなります。
引っ越し日を事前に確認して、移動する荷物が多い場合には引越し業者に依頼したり、レンタカーを借りたりしましょう。